次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

マーケティング

合わない人はどんな人?

ビジネスでは、ぴったりの相手(お客様)を想定するのがとてもとても重要で、 「ターゲットを絞る」 「ペルソナを決める」 など、よく言われますよね。 このブログでも、そのぴったりの相手について、見つけ方や確認方法などを紹介しています。 www.meg-m.co…

The 公私混同!な生き方

このブログでは、「自分が選ばれるためには?」という視点で「マーケティング」ネタや、自分の強みを知る方法、また心の仕組みなどをいろいろと紹介しています。 これらを自分事として当てはめて、考えたり実践して、それでいったいどこに向かっているのかと…

尖って振り切る方程式

今後の方向性や自分のスタイルについて、 「どう尖って、どこまで振り切るか」 個人で起業している人は、みんな考えるところですよね。現在、私も模索中。 そして、大体こっちで良さそうかな〜というのが見えてきた頃、その同じ方向に、 とてつもない「競合…

ブランディングは、尖って振り切る!

マーケティングを学んだりビジネスをしていると必ず出てくるのが、 「ブランディング」 という言葉。 でもこの言葉は、ちょっと要注意です。 というのも、 何か特別な存在になろうとしたり、 自分以外の何者かになろうとしたり、 憧れの誰かや上手くいってい…

初めてのラーメン屋さん

以前から気になっている、近所のラーメン屋さん。 気になっているなら食べに行けばいいのに、いつも空いているから入れるのに、何故かなかなか行かない… こういうの、けっこうあります。 「近所」にあるということは、その気になれば「いつでも行ける」とい…

「自分」を発掘するための質問 10.

「才能」と「アイデンティティ」を見つける方法を紹介するシリーズです。「自分」を発掘するための質問、第10弾。あなたが提供しているもので、クライアントさんから言われたい「最高のほめ言葉」は何でしょうか。そこにあなた自身が凝縮されて表れます。

「マーケティング」との出会いを振り返る

マーケティングに出会ったのは、2006年。それまではモノが売れる仕組みとかビジネスモデルとか経済活動とか、そんなの全く1ミリも考えていない、普通の女子でした。 仕事上必要に迫られて、というか当時、業績が悪化して向き合わざるを得なくなった・・・ってと…

猫にごはん、でも「小判」なら○○○

前回の続きです。マーケティングで大事なのは、相手の目線。 猫には「小判」じゃなくて、「ごはん」です。(キャットフードですね) www.meg-m.com では、もしあなたが売りたいその商品(サービス)が本当に「小判」だとしたら、 その価値を理解してお金を払…

相手の目線は、「猫にごはん」

昨日、「好きな言葉やことわざにその人が表れる」という記事を書いたのですが、その中で、 「猫にごはん」 ということわざ(?)を紹介しました。 これは「猫に小判」をもじった言葉遊びで、娘が小学生の頃に初めて知りました。たぶん子供たちの間で流行ってい…

「自己探マニア」は行く

「自己探究」に関しては、かなりのマニアです、私。 もはやマニアを通り越して「ヘンタイ」に到達するかも?なレベルの自己探マニア。 ※自己探マニア(じこたんまにあ)とは 自分を深く知ることが大好物の生きもの。別名:自己探オタク。 主に心理業界やその…

「マインドフロー」止まる理由 ー相手の心理ー

「マインドフロー」とは、 あなたを知ってから実際に商品やサービスを受け取り、満足してファンになるまでの相手の「心の動き」を表したものです。 前回の記事は、こちら ↓↓↓ meg-m.hatenablog.com 最終段階の《7. 愛情》を通過しファンになるまで、 相手(…

「マインドフロー」選んでもらうまで ー相手の心理ー

「認知」から「興味」「行動」「比較」「購買」「利用」そして「愛情」までの心の動きを示した「マインドフロー」の解説記事です。

自己実現マーケティング

「自己実現マーケティング」 この言葉をフィリップ・コトラー氏が提唱したのは、2014年頃。もう7年も前のことです。 「自己実現マーケティング」は、「マーケティング4.0」と呼ばれます。 「4.0」というからには、3.0とか2.0、1.0があるの? はい、あります。…

影響を与える人と受ける人

先日、「資質&熱源」発掘セッション (旧名称)を久しぶりに行いました。 申し込んでくださったのは、紹介でも心理関係のリンクでもなく、 マーケティングの記事から入って興味を持っていただいた方。 しかも、「こんな人に読んでほしい!」と想定した、ま…

セッションの名称変更、準備中

突然ですが、提供しているセッションの名称を変更することにしました。 以前から、なんか微妙に言葉が違うんだなぁ…と思っていて、また受けてくださったクライアントさんからも「ちょっとわかりにくい」という声が複数ありました。 いつかぴったりの言葉が見…

「戦略BASiCS」を、ゆる~く解説してみる

最近は身近な方から「マーケティングの記事がおもしろい。」という声を、ちょいちょい頂けるようになりました。(ありがとうございます) 私が書いている「マーケティング」は「心の仕組み」も加味しているのですが、 そもそも「マーケティング」って、人々…

「競合」 = ?

「競合」 ≠ 敵 「競合」についての記事が続きます。 なんでこんなに「競合」の話を書いているのかというと、 「競合」がわかれば「自分」がわかるから 「競合」がわかれば「相手(お客様、クライアント)」がわかるから 逆に言うと、 「競合」が誰なのかわから…

「競合」と、そのお客様は、○○系?

3年ほど前のことですが、マーケティングのコンサルティングをやろうかなあと考えていた時期がありました。 そのとき想定したクライアント像は、やっぱりこういう人たち。↓↓↓ meg-m.hatenablog.com 当時はここまで言語化できていなかったけど、私の周り(心理…

「競合」と戦う???

もしも自分がいなければ、お客様、クライアントさんはそちらに行っていたという『代わり』の存在のことを、「競合」と呼びます。 今はほとんどのサービスで、ひとりしかやってない、1社のみ、なーんてことはなく、 似たようなことを多くの人が提供しています…

マーケティングの記事は、こんな人に読んでほしいっ!

ブログのサブタイトルにも入れている「マーケティング」ですが、 「はて、私はいったい誰に向けて書いているんだ???」 というのがぼんやりしていたので、あらためて考えてみました。 記事の中で紹介している様々な方法を使って、 実際に自分でも、自分の…

パーソナリティの時代

自分と他の誰か(競合)を比べて、 「やっぱりあなたがいい!」 と言って選んでくれる「相手」お客様やクライアントさん。 「強み」の定義 その「相手」が選んでくれる理由が「強み」なのですが、 今の時代、特に特に重要!なのが、提供するその人自身の要素…

「強み」を競合から探る方法

自分の「強み」やぴったりの「相手」を、自分以外の誰か(競合)と比較して見つける方法です。 これから起業する予定の「まだクライアントがいない」という方や、 「これまでのクライアントさんは、どうも違う気がする」という方、 あらためて自分の立ち位置…

「強み」をお客様から探る方法

顧客やクライアントなど「相手」が、なぜ自分を選んでくれるのか、 「だって、〜〜だから。」 の、「〜〜」には何が入るのか、それを知るための方法があります。 それは、次の【3つの項目】を明らかにすること。 1. 相手のニーズは何か 何を望んでいたのか、…

ぴったりの相手は、過去の自分

顧客やクライアントと呼ばれる「相手」の人は、 いったいなぜ、何が良くて選んでくれるのでしょう? 「だって、〜〜だから。」 の、「〜〜」には何が入るのでしょうか? そこにはいろんな要素が入る可能性があるのですが、 個人でビジネスをなさっている人(…

ビジネス ≠ お金儲け

この人のために貢献したい この人が喜んでくれることが、自分の喜び(燃料)になる そんな人が、 「あなたがいいんです!」と言って 「お客様」「クライアント」になってくれたなら、 毎日の仕事はどんなに楽しくて、やりがいのあるものになるでしょうか。 そ…

この相手でいいの?と思ったら

自分の「強み」や「熱」がわかったら、 「そこがいいんです!」と言って選んでくれる相手を見つける。 で、その後、ほとんどの人がぶち当たるのが、 「本当に、この人でいいのかな?」 という疑問。 「相手」を具体化するというのは「お客様」を絞り込むこと…

相手が見つかったら

「そこがいいんです!」 と言ってくれる相手が見つかったら、次はどうしたら? 次は、その人がいる場所(同じような人がたくさんいるところ)を探します。 そしてその場所は、自分が一番輝ける場所でもあります。 その場所が見つかったら、 そこへ行ってその…

強みがわかったら

自分の「強み」「得意なこと」「熱」がわかったら、次は何を…? 次は、 「そこがいいんです!」 「だから、あなたがいいんです!」 と言ってくれる相手を探します。 この相手というのは、ビジネスだと「お客様」「クライアント」のこと。 強みや熱が見つかっ…

強みと熱が両立するところ

これからの時代、何よりも大切な「自分らしさ」「本来の自分」ですが、 その定義は、人によっていろいろだと思います。 私の場合は、 「強みと熱が両立する」 「得意と好きが両立する」 です。 「強み」「熱」の、主な考察やバックボーンはこちら ↓ www.sand…

何屋になりたいの?

昨日、ブログのタイトルを変更し、自分という人間がいったい何者なのかを宣言してみました。 ・・・ちょっと怖かったけど、よくわからない勢いとノリで・・・(^_^;) meg-m.hatenablog.com 「何者なのか?」っていうと、とても抽象的でつかみにくいので、 意味がわ…