次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

独裁者のビリーフ

 

独裁者は、孤独。

 

周囲には、誰一人信頼できる者がいない。

誰も信頼できないというのは、自分自身も信頼できないということ。

 

 

彼を支配し操るのは、「被害ビリーフ」という観念。

 

自分(自国)は周囲から攻撃され傷つけられ、被害に遭う人間(国)だ…

という観念(ビリーフ)が、彼をさらに追い込んでいく。

 

その内側にあるのは、怒りと怖れ。

 

「怖れ」を気づかれないように「怒り」で隠し、

正当化された「怒り」が大義名分となり、

 

「やられる前にやってやる!」

 

と、攻撃に出る。

 

 

 

おそらく、当事者にしか理解できない事情や背景があるのだろう。

 

でも、たとえどんな事情があったとしても、

現代において、武力介入、暴力の行使は許されない。

 

犠牲になるのは、いつの世も、末端の罪のない人たちなのだから。

 

 

f:id:meg_m:20220304183608j:plain

 

 

こんなとき、いつも思い出すのは、

「世界平和のために何をすれば?」の問いに答えた、マザーテレサの言葉。

 

 

「家に帰って、家族を愛してあげてください。」

 

 

私たち一人一人には、それしかできないけれど、

それが最善であり、最短でもある。

 

 

今日も明日も、自分を満たし家族を愛し、穏やかな日常を過ごそう。

 

すべての人が(独裁者も)、穏やかな日々を過ごせることを願って。

 

 

f:id:meg_m:20220304183717j:plain