次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

「年賀状やめます」宣言してみた

 

年末年始の過ごし方は、家庭によって様々ですよね。

これぞ日本のお正月!的な過ごし方もあるでしょうし、

家族がそれぞれ好き勝手に過ごす家もあると思います。

 

お雑煮やお正月飾りなど自分が心地良いと感じるものや、娘に残していきたいものは今後も続けたいと思っていますが、

 

そんな中で「これさえなければ・・・」と思いつつ毎年のように続けてきたものが、

年賀状

です。

 

 

昨年度のを引っ張り出して住所を確認したり、喪中の人を外したり、

えーと次の干支は何だっけ?とデザインを考えたりフリー素材サイトでテンプレートを探したり・・・

ようやく出来上がって印刷を始めたら、プリンターの調子が悪い、

何とか調整したら今度はインクが足りない・・・

 

はーっ・・・・・・(-_-)

いったい何度ため息をつくことか。

 

結婚した当初や子どもが生まれた頃には、普段会えない遠方の人への近況報告など、それなりに意味はあったと思うのですが、

 

SNSが当たり前になった今、果たして何のためにやっているんだ?

このストレスと労力を別のことに使えたら、年末年始のお休みはもっと楽しいものになるんじゃないか?

 

 

昨年はいろんな企業が「年賀状廃止」を打ち出していたこともあり、

「我が家も、やめます宣言をしよう!」

ということに。

 

 

「誠に勝手ではございますが、世の中の流れもあり、本年をもちましてハガキによる年始のご挨拶を遠慮させていただくことにしました。」

と書き添えて、新年のご挨拶を送りました。

 

やめたいと思いながらやめられなかったのにこんな風に決断できたのも、

きっと片付け効果。

 

私「これがなければ、もっと掃除したりお正月の準備ができるよ」

夫「え?のんびりしようよ」

 

 

さて、2022年の年末、我が家はどんな風に過ごすでしょうか。

(*^_^*)

 

f:id:meg_m:20220106173836j:plain

今年もよろしくお願いいたします。