次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

「憧れの存在」を自分に許す

 

あんな風になりたい。

 

憧れの人…誰しもいますよね。

 

 

「憧れの存在」というのは、そのまま自分自身の姿でもあります。

 

こちら ↓ でも書いていますが、本来の自分の姿を相手に「投影」して見ているのです。

www.meg-m.com

 

 

同じ人、同じ対象であっても、

◎どの部分、どの要素に惹かれるのか、

◎その人の何を素敵だと思うのか、

それは人によって全然違います。

 

自分の中に持っているタネに触れて、

「いいな」「素敵!」「私もあんな風になりたい」

と反応する・・・

 

 

そして、「憧れの存在」から自分を見つけようとするとき、

受け取れる要素と受け取れない要素があります。

 

「そうよね、この部分は確かに自分だよね」

と素直に受け取れる要素は、すでに自分の「在り方」になっています。

 

 

でも、畏れ多くてとてもじゃないが受け取れない、というところ。

「投影」は理解できるけど、この部分を受け取るなんて怖すぎる、というところ。

 

そこは、まだ自分の「在り方」としては実現していない部分なんですね。

 

 

なぜ受け取れないのか、その理由は人によって様々なのでしょうが、

 

自分が本来の力、本来の輝きを発揮することに、許可が出せない・・・

そんな自分を許せない・・・

 

 

怖れなのか罪悪感なのか、よくわからないけれど、

クリスマスイブの今夜は、なぜかそんな気持ちが湧いてきました。

 

人は、誰もが「幸せになる」「力を発揮する」ことを一番怖れているそうです。

もうそろそろ、誰もが、そんな自分を「許しても」いいんじゃないか。

 

謎にそんな気がした、今年のイブ。

メリークリスマス。

 

 

 

f:id:meg_m:20211224195820j:plain