次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

盛り上がれない人

 

最近、SNSで見かけた投稿。

「イベントなどでみんなが盛り上がっていると冷めてしまう人」

こちらのサイト ↓

1kando.com

 

 

私のことじゃん!

 

って、すぐに思いましたよ。

 

 

・集団の中で危機察知の能力が高い、とか

・全員がカッカしてるときに、ただひとり冷静に戦況を見ている、とか

・集団が全滅しないように、足並みを揃えないようにする、とか

・みんなが盛り上がってるのを見ると、スーッと身体が後ろに下がっていく、とか

 

もう、全部、当たり!です。

 

私は、

HSP(Highly sensitive person /過度に敏感な人)でもあるし、

「エニアグラム」では、集団から遊離するというタイプ4かタイプ5だし、

「m-gram診断」でも、「危険予知力」「ひとりが好きすぎる」とか出てきたし、

 

 

大好きなアーティストのライブのときでさえ、時々やってくる「スーッと冷める」やつを、

 

今はいいんだよー!

 

 

と、何度も追い払う始末。

 

もはや諦めるしかない、この気質。(T_T)

 

 

みんなのように盛り上がれないことを、

「つまらない人間だな」

と思っていたこともあったし、今でもたまに思うけど、

 

「人類」という括りで見たら必要なわけで、

まぁそんな役割も面白いよね。

 

上記のサイトで紹介されてるマンガのワンシーン。

「魔法使いってのは、常にパーティーで一番クールでなけりゃならねえんだ・・・」

 

うんうん、たしかにそうだ、これでいいんだ。

と納得。

 

ん? 魔法使い…? ん?

 

f:id:meg_m:20211228211230p:plain