次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

H SPのイメージ

 

「HSP」と聞くと、どんなイメージを持つでしょうか?

最近は「繊細さん」として以前より市民権を得てきた、HSP(Highly sensitive person /過度に敏感な人)ですが、

 

敏感、刺激に弱い、傷つきやすい、不安定など、「繊細」故の生きづらさの方が目立つのかもしれません。

 

「自分がHSPだなんて、認めたくない!」とか、

「HSPであることを知られないようにしよう…」とか、

そんな風に思っている人がいたら、ぜひこちらを読んでいただきたい。

 

友人の堀江さなえさんの、HSPに関する最近の記事 ↓

kotohogi3.jp

 

 

私の周りも、同様にHSPの人が多いです。

親しい人たちだけでなく、発掘セッションのクライアントさんはほとんどがそうだし、

自分がグループコンサルなど受ける場合にも、選ぶ相手はなぜかHSPの人。

現在受けている片付けレッスンのコンサルタント、浦川なおみさんもやっぱりHSP。

 

こんなにいるってことは、ははーん、さては「2割」じゃなくて本当はもっといるんでしょ?

と思ってしまいますが、どうも単に「類が友を呼んでる」だけみたいです。

 

 

HSPをネガティブに捉えてしまうと、途端に生きづらくなってしまいますよね。

だって気質だからどうにもならないし、治すようなものでもないし。

 

ただその気質を理解し、自分の「扱い方」を知っていれば、

こんなに豊かな才能はないとも思えるし、むしろHSPを活かした生き方を選ぶこともできます。

 

私の場合は、なぜかネガティブなイメージは最初からなくて、

自分がHSPだとわかったときは、ホッとしたのと同時に、

 

「やったー!」

と、心の中で大喜び。

 

あまのじゃく気質なので、2割の少数派ということが単純に嬉しかっただけかもしれませんが。

なので、プロフィール欄に書くときも、人にHSPだと話すときも、

 

若干、「自慢」モード、なんですよ…

 

 

私、感受性が強いんです。(すごいでしょ)

人が見落としがちな、些細なことも気付くんです。(すごいでしょ)

直観も鋭くて、微細な違和感も察知するんです。(すごいでしょ)

深堀りして、物事の背景や本質を突き止めるのが得意です。(すごいでしょ)

 

 

私、HSPです。(すごいでしょ)

 

 

敏感で刺激に弱くて、ストレスに弱くて疲れやすくて、

アルコールもスリルも楽しめなくて、

大勢の場所が苦手で、

何もかもが人の何倍も時間がかかるけれど、

 

でも、やっぱり「HSP」でよかった。そんな自分が好き。

「HSP」であることを、誇らしく思います。

 

 

HSPでよかった

HSPでよかった