次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

合わない人はどんな人?

 

ビジネスでは、ぴったりの相手(お客様)を想定するのがとてもとても重要で、

 

「ターゲットを絞る」

「ペルソナを決める」

など、よく言われますよね。

 

このブログでも、そのぴったりの相手について、見つけ方や確認方法などを紹介しています。

 

www.meg-m.com

 

www.meg-m.com

 

www.meg-m.com

 

 

いろいろ考えてみたけど、どうも相手(理想のクライアント像)がわからない、またはぼんやりしてくっきりしない、という場合は、

 

逆に、

合わない人

 

を、考えてみるといいです。

 

合わない人というのは、たとえ

「あなたがいいんです!」と言ってくれたとしても、

 

なんか気分が乗らない

テンションが下がる感じになる

楽しくないし、嬉しくない・・・

 

 

まぁつまり、

「この人に貢献したい!」と思えない人、ですね。

(-_-)

 

その人に対して自分の中に、「熱」がないわけなので、これはもうしょうがない、です。

 

相思相愛でないとキツい

相思相愛でないとキツい

 

具体的に、

例えばこんな感じの人はイヤだなぁとか、

貢献したい気持ちはあるけどなんか違う(違和感がある)など、

それらを箇条書きにしていくと、

 

大事なポイント、重要な要素やキーワードが浮かび上がってくるので、

 

その逆の人=自分にしっくり合う人、が見えてきます。

 

 

ぴったりの相手(理想のお客様)は、

この人に貢献したい!という「熱」が自分にある人で、

 

それは言い換えると

「一緒に生きていきたい人」です。

 

 

そして「一緒に生きていきたいのはこんな人!」を明確に掲げると、

 

不思議とそんな人たちが集まってきます。

 

 

 

◆「自分」をもっと深く知りたい方へ ↓

www.meg-m.com

 

 

◆メルマガはこちら ↓

www.meg-m.com