次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

理想の母親像…時を越えて

 

「ねえねえ、お母さんって、どんな人?」

 

もうかなり前のこと、親しい友人に「お母さん」について聞いてみたことがあります。

 

その友人はとても美人でかわいくて、おまけに性格もいい!(ここ重要です)さらに責任感もあるし、人付き合いも気配りも上手。みんなから好かれるタイプです。

いったいどんな風に育てたら、真っ直ぐ成長して彼女みたいになるんだろう?と、当時子どもを保育園に預けて働いていた私は、彼女の「お母さん」に興味津々。

で、どんな人か尋ねてみたんですね。

 

 

「えー?普通だよ。」

と言いながら、子ども時代の話など教えてくれたのですが、

その中に「これだ!!!」と特に響くエピソードがあって、それ以来、私は彼女のお母さん(Aさん)のような母親になりたいと、ずっと意識してきました。

 

そのエピソードが、こちらです。↓

* * * * * * * * ** * * * * * * * *

 

それは彼女が第一子を出産し、夫婦で彼女の実家に帰ったときのこと。

 

赤ちゃんが泣き止まない…

何をしても泣き止まない…

ありとあらゆる手を尽くしたのに、泣き止んでくれない…

もうこれ以上、いったいどうしたら?

 

慣れない新米ママの彼女と旦那さま、疲れ果て途方に暮れて、赤ちゃんを床に寝かせたまま、ふたりでただ泣いてる我が子をぼーっと見つめるしかなかったそうです。

 

 

2階にいてあまりの孫の泣き声に、いったいどうしたのかと降りてきたお母さん(Aさん)が、部屋をそっと覗いてみると……

 

そこには、泣いている孫と、灯りも点けず暗い部屋の中で、ただ座って見つめている娘と娘婿の姿。

 

f:id:meg_m:20220216171931j:plain

 

するとお母さん(Aさん)は、

そのまま、またそーっと戸を閉めて、静かに2階へ戻っていったとのこと。

 

後から笑い話として「あのときはね〜」と、話してくれたそうです。

 

* * * * * * * * ** * * * * * * * *

 

 

これ、凄いことですよね。

なかなか出来ないと思う。

だって、どうしたって声をかけたり手を出したくなるもの。

 

 

「信じて見守る」

親の愛情のかけ方として、理想を見せてもらったような気がして、このエピソードは私の中に強烈に刻まれました。

 

私も、こんな風にただ信じて見守ってほしかった…

 

過干渉な母に育てられた私は、Aさんのような母親になりたいと、「信じて見守る」を常に意識していたように思います。

(母の過干渉さも、今はようやくありがたく受け止められるようになりました)

 

 

そして時は流れ、その話を聞いたとき保育園児だったうちの娘も、今年の春から大学生になります。

先日書いた、娘の成長記事。

www.meg-m.com

 

そしたら、なんと!!!

 

友人のあのエピソードで泣いていた、あの「赤ちゃん」が!

今や立派に成長し、未来を担う頼もしい青年となった「彼」が!

この記事について、SNSで共感コメントをくれたのです!

 

 

 

こんなことってあります!?

 

 

 

 

嬉しいという言葉ではしっくりこない、なんて表現していいかわからない…ただただ、感慨深い。

 

 

Aさんの想いが娘へ、そしてその子どもへ。

そしてまた、友人である私へ、また私の子どもへ。

 

親の「愛」が、世代間を流れていくようで。

奇跡のようでいて、とても自然なことにも思える。

 

きっと「彼」は、いつか父親になったとき、

当たり前のように、子どもを「信じて見守る」のでしょう。

 

人間って、なんだかとっても素敵です。