次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

自立の定義

 

「買ってしまいました~!」

のメッセージの後、ご機嫌で帰宅した娘。

 

頑張ってバイトして貯めたお金で、高額だけどずっと欲しかったものを買ってきました。

 

f:id:meg_m:20220212214640j:plain

 

楽しそうに見せてくれて、いろいろ解説までしてくれる。

幸せそうなときめきオーラが全開♪・・・こっちまで嬉しくなるよ。

 

 

「自分で自分をご機嫌にしてる。」

と言う娘の言葉を聞いて、

 

 

ああ、彼女は本当に大丈夫、順調に自立の道を進んでる

 

と、思えたのでした。

 

 

「自立」って、自分で稼いで生活することだとずっと思ってきたけど、

今の私の定義はそれとは全然違う。

 

「自立」とは、自分で自分のご機嫌をとれること。

そして、自分で自分を幸せにできること。

 

 

以前の私もそうだったように、「自立」を勘違いしている大人はとても多い。

 

幸せを自分以外の何かや誰かに委ねたり、環境のせいにしたり、

他者に助けてもらうことを拒んで、ひとりで何とかしようと頑張ったり、

そんな窮屈な生き方は、もうおしまいにして、

 

自分で自分のご機嫌をとる

自分が自分を幸せにする

 

ひとりひとりがみんな、そんな生き方ができたなら、

世界はもっと優しいものになって、テロや戦争もなくなるのにね、

 

と、娘とはそんな話にまで及びました。

 

もうじき高校も卒業。

いよいよ親としては、もうすることも無くなってきたなぁ・・・

(あとは、お金だけ)