次の時代へ案内する

マーケティングと心の仕組みを使って「みんな違って、みんないい」世界へ

怖くて言えない…

 

最初は「出る」のが怖かった。

やらないための言い訳を思考(頭の声)がたくさん言ってきて、決めるまでものすごく時間がかかり、参加の申し込みボタンを押す手が震えた。

 

それが3年前。

www.meg-m.com

 

 

それからは、「出る」のは平気になった。

それは当たり前になった。

 

でも、「告知」するのは怖かった。

一部の友人には伝えても、広く知らせることには大きな抵抗があった。

いつも恐る恐る、SNSの投稿ボタンを押した。

 

 

そしてやがて、それも平気になった。

人目が気にならなくなり、どう思われてもどう受け止められても関係ない…と、

自分と他者との間に健全な境界線を引けるようになった。

 

 

怖いけど、やってみる

怖いまま、やってみる

 

それはたぶん、心の筋トレ。

それを少しずつやってきたのかもしれない。

 

 

そして今は…

告知は平気になったけど、

知らせることはできるけれど、

どうしても怖くて言えない

「私を観に来て」と。

 

 

「面白いから、素敵な作品だから、観に来てね」

なら言えるけど、

 

「私が出てるから観に来てね」

「私を観に来てね」

は、口が裂けても言えない…

今ここ。

 

 

口に出せないのなら、せめてと言葉にして書いてみた。

 

今日は「一粒万倍日」だけでなく、金運に縁のある「寅の日」、

そして天が万物の罪を赦す「天赦日」でもあるそうです。

天赦日にあやかって、赦してみようかなと思った。

 

明日、本番です。

私を観に来てね。(怖いよ~)

 

tenro-in.com